読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

工事中

事前カード評価を残しているだけ。

とg

今回も一応。

全カードリストはこちらから。

chair-shoes.hatenablog.com

5段階評価。(構築/2pick)

☆☆☆☆☆……環境を変える/ゲームを壊す

☆☆☆☆……強い/積極的にピックしたい

☆☆☆……採用されうる/ピックしてよい

☆☆……弱い、採用されない/なるべくピックしたくない

☆……ただのレッドエーテル/ピックしてはいけない

ニュートラ

カードリストはこちら

ゼウス(☆☆☆/☆☆☆☆)

10コス払って5点は遅いが、サハクィエルから走る動きは強いと思う。サハルシ採用のドラゴンには入るのではなかろうか。2pickでは守護が偉い。

 

イスラフィール(☆☆/☆☆☆)

ドラゴンのAOEと回復が増えたため、枠が無いのではないのか。2pickは回復効果のおかげで進化権がなくてもなんとか立てられるかもしれない。進化権が残っていれば強力だが、いかんせん重すぎる。

 

 

癒しの奏者・アンリエット(☆☆☆/☆☆☆)

デカイのがボードに残っていれば、2回走ってゲームエンドまで持っていける。そんな状況であれば、こいつじゃなくても勝っていそうではある。

 

風の軍神・グリームニル(☆☆☆☆☆/☆☆☆☆)

インフレの象徴。コントロールデッキで守護を立てて顔を守る動き、アグロ/ミッドレンジデッキで2/2/2を守って打点を維持する動き、あらゆるアーキタイプで採用され得る。エンハンス10の効果も、コントロールならAOE、ミッドレンジなら4点バーンワンチャンとして働く場面が稀にある。

 

激震のオーガ(☆/☆☆☆☆)

8コスには強力なフィニッシャーが多く存在するので、構築ではまず使われない。2pickではファンファーレで進化権を使わず即盤面に干渉出来るうえ、1:2以上のトレードも期待できるパワーカード。

 

ゴブリンプリンセス(☆☆/☆☆☆☆)

カードバリューは高い。しかし、本体や同時に出るトークンのスタッツが低すぎて進化システムと噛み合わない。中盤の進化合戦について行けないのではないか。2pickにおいては、手札が減らないというだけで強い。

 

彷徨の詩人・エルタ(☆☆/☆☆☆)

スタッツが低く、簡単に除去されるので効果は活かしづらい。能動的に活用できるカードも現状のカードプールでは非常に少ない。進化時に2/4/4になっても使わない。

 

均衡の大梟(☆/☆☆)

発動条件が厳しい上に、効果発動したところでそこまで強くない。このカードを出した瞬間にデッキにニュートラルが多いという情報も明かしてしまうため、完全なネタカード。

 

凍りづけの巨象(☆☆/☆☆)

骸の王と一緒にマンモスが出たら強い。それ以上でもそれ以下でもないというのが正直な感想。単体では機能しないこのカードを骸以外のデッキに入れることは無いだろう。

 

アックスファイター(☆☆/☆☆☆☆)

2pickなら強いでしょう。

 

ワイズマーマン(☆/☆)

ニュートラル以外を対象に出来たとしても使わないのに、なぜニュートラル限定の効果なのか。KMRは説明しろ。

 

オウルキャット(☆/☆☆)

ねぇねぇ、何して遊ぶのー?

 

力比べ(☆☆/☆)

コントロール向けのカードらしいが、トレード能力を持たないこのカードを出すことはディスアドバンテージにしかならない。

 

エルフ

カードリスト

エルフクイーン(☆☆☆☆☆/☆☆☆☆)

新カードのエリンとこのエルフクイーンが来たら、あのフェアリービーストがデッキから抜けるのではないかと思っている。異常な回復量にスタッツも良い。墓地を消費するため1回しか使えないが、それでも十分だろう。

 

クリスタリア・エリン(☆☆☆☆☆/☆☆☆☆☆)

エルフクイーンへの繋ぎとして十分すぎるスペック。スタッツが低く、進化権がなければ盤面に干渉できなかったことがフェアリービーストの弱点であるが、このカードは守護を持っているためそれをクリアしている。文句なしのパワーカード。

 

ジャングルの守護者(☆☆☆/☆☆☆☆☆)

5/4/5守護だけで十分強く、エンハンス時に強烈な効果を持つ。しかし、エルフにはリノセウスや白銀の矢などの優秀でより早いフィニッシャーがあるため、このカードの枠があるかどうかは怪しい。サブプランとして、1,2枚採用されることはあるかもしれない。

 

フェアリーケージ(☆/☆☆☆)

宝石のエルフでフェアリー砲でも撃つのか?どこかの誰かが強力なコンボを考えてくれるかもしれない。リソースとしてはそれなりになりそうなので、2pickでは甘めの評価。

 

小さな勇士・スクナ(☆☆/☆☆☆)

このカードにハンドと進化権を割きたくない。リザがいなければ使われたかもしれない。

 

エルフの執事・ヴィスト(☆☆☆☆☆/☆☆☆☆)

4/2/5守護の時点で十分なスペック。割りと簡単な条件で1コスになってしまう問題児。0コスになったら世界が終わる。エンシェントや根源への回帰で回収しても0コスのままなのはなかなかヤバイ。リノセウスで何点出せるんですかねぇ。

 

勇猛なるドワーフ(☆/☆☆☆)

せめて守護を付けて欲しい。それでも使わないが。

 

人喰いの庭(☆/☆)

エンシェントのおかげで序盤強く、優秀な回復カードも貰えたエルフにこのカードは必要ない。

 

ドリアード(☆☆☆/☆☆)

2/2とも殴り負けない上に、1/3を無力化出来る。2コス相手に殴り負ける事がまずない。もしかして:強い

 

キュベレー(☆☆☆/☆☆☆)

イラストも効果もいやらしい。正直、使ってみないとわからない。

 

ビートルウォーリアー(☆☆☆/☆☆☆☆)

素のスタッツも強く、効果も強い。手札消費が激しいから私は使わない。

 

蔦の魔弾(☆/☆☆☆)

3コス3点だから2pickでは取ってもいいかな。

 

ロイヤル

不滅の英雄・ローラン(☆☆☆☆/☆☆☆☆)

1kill耐性が出来ることはもちろん良いが、メインになるのはフォロワー全体へのダメージ軽減の方だと思っている。ダメージスペルより確定除去の方が多い環境でどの程度活躍するかはわからないが。

 

円卓の騎士・ガヴェイン(☆☆☆☆☆/☆☆☆☆)

1つのアーキタイプを生み出すレベルで強烈な効果を持っている。そのうえ、エンハンスで進化権を使わなくても働けてスタッツも良い。僕の考えた最強のカード。

 

キャプテン・リーシャ(☆☆☆☆/☆☆☆☆)

標準スタッツを持っていて、効果も強烈。ガヴェイン主体のロイヤルは兵士が少なくなるのでいまいち噛み合わないが、このカード自体のコストも安くなるため採用されるだろう。

 

キャプテン・ヴァルフリート(☆☆☆/☆☆☆☆)

効果は強烈だが、8コスと重い。ガヴェインで安くはなるものの、同じくガヴェインで安くなる上にスタッツも優秀なセージコマンダーが優先されるだろう。4枚目以降のセージコマンダーとしての採用になると思う。

 

援護射撃(☆☆☆☆/☆☆)

5コスのテンポロスは痛いが、2回でも効果発動が出来ればお釣りが返ってくる。捲り返した後のライフゲインが課題か。

 

ルミナスメイジ(☆☆☆☆☆/☆☆☆☆☆)

進化権を使わない。横に並ぶ。合計スタッツが悪くない。放置できない。強い上に、状況もあまり選ばない。他に優秀な5コスト指揮官がいるとは言えど、このカードは3積みされると思う。

 

ジョリー・ロジャー(☆☆☆/☆☆☆☆)

スタッツがいい。効果はランダムといえど、どれが付いても強い。ただ、構築では採用されない。

 

シャドウアサシン(☆☆/☆☆☆☆)

強力な潜伏持ちが増えたとはいえど、潜伏ロイヤルはファンデッキの域を出ないと思う。2pickでは必殺持ちなので重宝されるだろう。

 

ルミナス騎士団の旗印(☆☆/☆☆)

3コスで盤面埋めてまでやることじゃない。

 

ネイビーガード・シモーヌ(☆☆☆/☆☆☆☆)

後半腐らない2コスと兵士として、採用の余地はあると思う。

 

円卓の騎士・トリスタン(☆☆/☆☆☆)

2pickで効果発動出来たらかなり強い。

 

旅ガエル(☆☆/☆☆)

スタッツが低すぎる。こいつを育ててる余裕があるのか疑問。旅ガエル軸は相手の事故を願うだけのデッキになりそう。

 

大掃除(☆/☆)

活用方法が思い浮かばない。

 

 

ウィッチ

カードリスト

言霊遣い・ジンジャー(☆☆/☆☆)

アヴィアナ。並べてもバハムートで一掃される未来しか見えない。

 

魔導の挙兵(☆☆☆☆☆/☆☆☆☆☆)

叩きつけて、処理できなかったら顔殴り続けてゲームを終わらせるフェル・リーバーみたいなカード。2pickでも強引に削りきれそうなポテンシャル。

 

マジカルガール・メルヴィ(☆☆☆☆☆/☆☆☆)

書いてある事が恐ろしい。間違いなく悪さをするヤバいカード。

 

竜識の老魔道士(☆☆/☆☆☆☆)

ジルニトラと同じにおいがする。構築で使われることはないだろう。

 

変異の雷撃(☆☆/☆☆☆☆)

リーサルが見えてない状況でバーンカードとして使うと返しでこちらが倒されてしまいそう。このカードが有効な横並びに対してヘルスを守れているとは思えない。よって、バーンカードとしては非常に使いづらい。2pickでボードを取るカードとして使うのが一番無難だと思う。

 

学院の新入生・ルゥ(☆☆☆☆/☆☆☆)

サーチ能力は非常に強いが、2/1/1フォロワーなのでボードにおけるテンポロスとスペルブーストのテンポロスが痛い。よって、超越ウィッチやドロシーウィッチには入れづらいカード。土ウィッチなどで、運命の導きもしくはドロソとしてのドロシーを確定サーチする使い方になるか。2pickではスペルブーストカード自体の価値が低く、引っ張って来たいカードが無い。(強力なスペルブーストであったライトニングシューターもシルバーのプライズで提示されなくなるらしい。)

 

幻惑の奇術師(☆☆☆/☆☆☆)

土の印を出す行動が損になりがちなのに、こんなカードで消費したくない。

 

キマイラ(☆☆☆☆/☆☆☆☆)

スペルブーストでコストが下がるカードの中ではバリューの高い方だと思う。ドロシーウィッチにおいてフレイムデストロイヤーを押しのけて採用される可能性は十分にある。

 

魔法剣(☆/☆)

なにをさせたいのかさっぱりわからない。力場ウィッチにでも入れるのだろうか。自分のフォロワーがいないと使えない上にマーリンのサーチに引っかかるため、超越ウィッチで採用されることはないだろう。

 

キラキラヒーラー(☆/☆☆☆)

確定除去もしくは進化後の強力スタッツでトレードを行うこのゲームにおいて、フォロワーの回復は弱い。スタッツはいいから2pickで使おう。

 

夜の魔術師(☆☆☆/☆☆☆)

土の印は天輪のゴーレムに割きたい。

 

天輪のゴーレム(☆☆☆☆/☆☆☆☆)

スタッツがいい。テンポも取れるしバーンも出来る。攻撃的な土利用カードが増えてアグロ土ウィッチの可能性を感じさせる。ただ、攻撃的な土生成カードがほとんど無いことが不安ではある。

 

魔法図書館(☆☆☆☆/☆☆☆☆)

2コス2ドローは単純に強そうではある。引いてくるカードを構築段階で絞ることや、絞らずともある程度は予想出来る点も強い。2コスでスペルブーストしないテンポロスは気になるが、超越ウィッチにピンで挿しても面白いカードだと思う。

ドラゴン

カードリスト

水竜神の巫女(☆☆☆☆/☆☆☆☆)

スタッツも良く、効果も腐らずランプドラゴンのコンセプトとマッチしている。とりあえずで3積み出来る優等生。

 

ウロボロス(☆☆☆☆/☆☆☆☆☆)

無限リソース(消滅されなければ。)出た瞬間に3ダメージとボードに干渉出来るため、ピン挿ししとけばいい具合に働いてくれそう。

 

不死鳥の乗り手・アイナ(☆☆/☆☆☆)

自分から横に並べることの少ないドラゴンとはいまいち噛み合わない印象。アグレッシブな構成でも、トップで引いて強いフォルテを優先したい。相手の横並びにこいつを投げるよりは、AOEで一掃したい。

 

ラハブ(☆☆☆☆/☆☆☆☆)

4/2/5守護の時点で強い。余ったPPで攻撃が上がる効果はおまけ程度に考えているが、有効に働く場面も多そうである。

 

竜殺しの代償(☆☆/☆)

テキストを読んだ感じでは、捨てた後にオール5点といった処理順になると思われる。その場合は、竜少女ドラゴンで使われるだろう。

 

邪毒の紫竜(☆☆☆☆☆/☆☆☆)

スタッツがとんでもないことになるので、残ってしまうとゲームが終わる。4/7/7のような理不尽を相手に押し付ける事ができるパワーカード。

 

風読みの少年・ゼル(☆☆☆☆/☆☆☆)

ランプドラゴンに自然に採用できて、走らせたいカードはウロボロス、サタンズサーバント、サハバハ辺りだろうか。標準スタッツを備えているため、終盤に勝ち筋になりうる2/2/2として採用できる。

 

ラースドレイク(☆☆☆☆/☆☆☆☆☆)

カード自体は非常に強い。ボードを一掃した後に4/4が場に残るのなら、8コストでも十分強い。枠があるのかどうかは正直怪しい。2pickではカムラ枠のパワーカード。

 

ライトニングブラスト(☆☆☆☆☆/☆☆☆☆)

モルディカイやセラフに対する回答として、コントロールすることに特化したドラゴンには3積みされるだろう。更にオデンも何枚か挿せば盤石になる。このカードの発表でセラフの価値が下がり、相対的にイージスの価値が上がることになった。

 

アクアネレイド(☆☆/☆☆☆☆)

合計スタッツが3/3と悪くないため、安心してピックできる。

 

大鎌の竜騎(☆☆☆☆/☆☆☆☆)

覚醒時に必殺持ちのノービストルーパーになるカード。汎用性も高く使いやすいカードだと思う。

 

ヒッポカムポス(☆/☆☆☆☆)

守護を持っているため、2pickでは重宝される。構築でこのカードを採用する理由は特にないだろう。

 

ドラゴンの卵(☆/☆)

事故要因。凌ぎたいはずの序盤に手札を減らすデメリットが強烈過ぎる。

ネクロマンサー

カードリスト

魂の番人・ミント(☆☆☆☆/☆☆☆)

ライバルがネクロアサシン、ウルズ、ワイトキング、解放者とそこまで強くないため採用したい。単体ではタダのゴリアテだが、放置できない能力を持っている。雑に入れて雑に投げるだけでも強いのではないか。

 

魔将軍・ヘクター(☆☆☆☆☆/☆☆☆☆)

ネクロマンス効果よりも、2点バフの効果に注目している。死の祝福からバーストダメージに繋げる動きはなかなか強い。

 

破魂の少女(☆☆☆/☆☆☆)

刺されば強いカード。刺さらなくても標準スタッツを持っているので、腐ることは少ない。選択肢に十分入る。

 

不死の大王(☆☆☆☆/☆☆☆☆☆)

横に並ぶ効果が強烈で、手札も減らない。ジルニトラと同じにおいがしないこともない。

 

死神の手帳(☆☆/☆)

フォロワーをニュートラルなどに限定すれば、確定従者/解放者などが出来るが、デッキのパワーを下げてまでやることではない。

 

オルトロス(☆/☆)

スタッツが貧弱過ぎるせいで、効果を有効に使えなかった場合が悲惨。

 

骨の貴公子(☆☆☆/☆☆☆)

1体でもバフが乗れば、実質的にはボーンキマイラのような性能になる。除去耐性を付けてヘクターバフへの布石とするのが理想系だが、流石に難しいか。

 

忌刃の戦士(☆☆☆/☆☆☆)

ネクロアサシンやソウルコンバージョンでも自壊カードが足りないと感じたら採用されるのかもしれない。

 

冒涜の墓場(☆☆/☆☆)

ネクロマンス4消費は流石に重すぎる。

 

死月の使徒(☆☆☆/☆)

幽体化に比べればずっと強いが、カードバリューは低い。進化+ココしたフォロワーが顔面パンチしてきたらたしかに怖いが。

 

漆黒の鎌使い(☆☆/☆☆☆☆)

2pickのソウルグラッドンは強かったから、こいつも強いかも。

 

ゴブリンゾンビ(☆☆/☆☆☆)

+2/2する効果にネクロマンスを4も使いたくない。

 

ゾンビパーティ(☆☆☆☆/☆☆☆☆☆)

2コス3点は偉い。エンハンスの効果も強く、ネフティスネクロには確定で入るだろう。次環境でネフティスネクロが生き残れるかどうかは別として。

ヴァンパイア

カードリスト

ベルフェゴール(☆☆☆☆☆/☆☆☆☆)

テンポロスの無いドローソース。デメリットが結構強烈なので、ディアボリックドレインのような回復カードを積んだり、ブラッドムーンを設置しておく必要がある。その問題さえ解決してしまえば、ナーフ前の知識の古代樹みたいな物で当然強い。

 

メイルストロームサーペント(☆☆☆/☆☆☆☆☆)

ド派手な効果を持つが、8コスと重たい。進化権がなければ相手のフォロワーを取ることも出来ないので、流石に遅いと思う。バフォメットサーチから6コスで出せれば復讐でなくともそれなりに強いが、そこまでする価値があるとは思えない。2pickでは、復讐が怖くなる一因としてデッキ外で強そう。

 

ソウルドミネーター(☆☆☆☆/☆☆☆☆)

ToGの中で一番かわいいカード。7/4/6疾走でボード上でトレードしながら打点を上げる動きもある。イラスト的にも、性能的にも3積みしたい。いわゆる、嫁カードになるであろう。

 

愛の悪魔・ガレット(☆☆☆/☆☆)

自分で使うと実感しにくいが、相手にすると厄介そうな効果を持つ。2/2/2の標準スタッツを持つため、2コスフォロワーの候補には上がってくるだろう。

 

ブラッドムーン(☆☆☆☆☆/☆☆☆)

中速以上、特にコントロールヴァンパイアの構築を大きく変えるであろうカード。裁き、黙示、ディアボリ、ジェネラル、ラウラと復讐限定だが強力なカードを心置きなく使えるようになるのは大きい。カウントダウン4と貼った後猶予も十分で、構築の軸になるカード。

 

バフォメット(☆☆☆☆☆/☆☆☆☆)

メイドリーダーやルゥと似たようなサーチ効果を持つが、スタッツがそれらより高い。エンハンスの効果もコスト軽減と凶悪。対象がいるのであれば、とりあえず3積みでもよさそうなカード。

 

ヴラド・ドラキュラ(☆/☆☆☆)

進化権が必要で、その効果もそこまで強くないため採用されることはないだろう。スタッツはいい。

 

カオスシップ(☆☆☆☆/☆☆☆☆)

ブラッドムーンとのシナジーが強力。単体で使っても十分な点も大きい。一気に2枚のデッキ圧縮が出来れば、以降のドローの質は格段に上がる。ブラッドウルフや糸蜘蛛の悪魔のデメリットを踏み倒す動きもズルい。バフォメットとの相性は良くないが、それを踏まえても両採用して良いレベルのカードだと思う。

 

黒死の仮面(☆☆☆/☆)

2コス5点ゲインは、かなり強いのかもしれない。枠があるかどうかは怪しい。

 

糸蜘蛛の悪魔(☆☆☆☆/☆☆☆☆)

破格のスタッツに守護持ち。コントロールには勿論、アグロにも採用されると思う。

 

人狼の突撃兵(☆☆☆/☆☆☆☆)

ゴブリンマウントデーモンに一方を取れる4コス。ブラッドムーンを使う場合は、裁きの悪魔が優先されるだろう。そうでない場合の選択肢には十分に入ると思う。

 

フロッグバット(☆/☆☆)

3コスでヘルス2は弱い。効果も強くない。

 

生命奪取(☆/☆☆)

6コス3/3、ボードに3点のフォロワーでも使われないだろう。ボードにフォロワーがいないと効果が活かせない上に、いてもランダム。用途が思い浮かばない。

ビショップ

カードリスト

ダークジャンヌ(☆☆☆☆/☆☆☆☆)

進化権を使わないが、少々扱いづらいレオスピといった感じ。バフよりもAOE主体で使うことになると思う。

 

ヘヴンリーイージス(☆☆☆☆☆/☆☆☆☆☆)

ドラゴンに対策カードが追加されるため、セラフよりもこちらをフィニッシャーとする形が多くなると思う。ダークジャンヌとの相性も良く、テミスやレディアンス、大修道女とコントロールに長けたビショップならモルディカイよりも余裕を持って立てられると思う。

 

黄金都市の姫・リテュエル(☆☆☆☆/☆☆☆)

トーテム・ゴーレムのように出されると困るカードだと思う。疾走ビショップで、序盤のボードコントロールや打点稼ぎに貢献してくれるはず。

 

苦罰の審判者(☆☆☆☆/☆☆☆☆)

法典内蔵で使いやすいスタッツを持っていてキャントリップ付き。カードバリューがおかしい。

 

穢れた聖杯(☆☆/☆☆☆)

フィニッシャーにもなれるAOE。フィニッシャーにするならイージス、セラフの方が確実性が高く、AOEとしてはダークジャンヌのが使いやすいだろう。偶像ビショップで使うことになりそうだが、ファンデッキの域を出ない気がしてならない。

 

黄金都市の墓守・ソニア(☆☆☆☆/☆☆☆☆)

比較的ゆるい条件で、小さなジュエルゴーレムになるカード。舞踏が効かない守護は、アグロにとって大きな負担となるだろう。置き進化の裏目が少ないのもグッド。

 

聖なる弓使い・クルト(☆☆☆/☆☆☆)

標準スタッツを持っているので、エイラビショップのような軽量のヒールカードを積んだデッキには採用されうる。4点くらいなら簡単に稼いでくれるだろう。可能性を感じる1枚。

 

カリュドーン(☆☆/☆☆)

ガルラと比べて防御的なカウントを進めるカード。防御的なビショップでは、あまりカウントダウンアミュレットを採用しないためこのカードも採用されないだろう。アグロでは勿論ガルラが優先される。また、2pickではスタンダードのカードが落ちる事によってカウントダウンアミュレットがかなり減るため、カウントを進める効果の価値が低い。

 

アイアンメイデン(☆/☆☆)

神魔裁判所の劣化にしか思えない。

 

清浄の治療師(☆☆/☆☆)

スタッツも低い上に、回復量も2と低い。エンハンスの効果も有効に働く場面が思い浮かばず、採用されることはなさそう。

 

ミストシャーマン(☆☆☆/☆☆☆)

ムーンアルミラージが選択出来なくなったら厄介そうではある。標準スタッツを持っているが、単体ではバニラにしかならないため、対抗の2コスフォロワーの枠を奪うことはなさそう。

 

オクトパスビショップ(☆☆☆/☆☆☆☆)

最速進化で確定除去がなければ処理しづらいスタッツになる。アルミラージのようにアグロ相手にアド稼ぎマンとして働いてくれそうではあるが、横並びに対しては同コストの鉄槌の僧侶の方が強力なので、枠が余っているかは怪しいところ。

 

祈りの燭台(☆☆☆/☆)

ボードを圧迫しそう。